カツアバ(カツアーバ)の効果効能

MENU

カツアバの効果効能と副作用|精力剤が採用する重要成分の役割とは?

 

カツアバ

 

カツアバ(カツアーバ)を成分として採用している精力剤が最近増えてきました。

 

カツアバ(カツアーバ)は南米原産の植物ですが、その効果・効能、そして副作用について解説していきます。

 

 

カツアバ(カツアーバ)とは?

 

カツアバ(カツアーバ)は別名チュチュワシとも呼ばれますが、南米のブラジル北東部、アマゾン川流域などに自生する植物で、

 

アネモペグナのスギナ、アネモペグナ・ミランダム、エリスロサイラム・カツアバ、トリキリア・カティグアという4つの属に200種類以上が中南米(アマゾン川流域、アンデス山脈周辺)に存在しているといわれています。

 

ブラジルではカツアバ(カツアーバ)は大きく以下の2種類に分けられます。

 

  • 6〜10mの大木でクリーム色の花を咲かせるトリキリア・カティグア(センダン科)
  • 2〜4mの低木で黄色やオレンジ色の花を咲かせるエリスロサイラム・カツアバ(コカノキ科)

 

いわゆるカツアバ(カツアーバ)は、コカノキ科の植物を指します。

 

コカノキ科にはコカインの原料となる植物が一部ありますが、カツアバ(カツアーバ)には麻薬成分は含まれていません。

 

 

カツアバ(カツアーバ)の歴史

 

ブラジルの原住民であるネイティブアメリカン(チュピ族・トゥビ族)がカツアバ(カツアーバ)の効果を早くから熟知していたといわれており、民間療法のなかで男性機能改善のための薬用ハーブもしくは媚薬として利用されていました。

 

ブラジルでは『父が60才になって生まれた子供は彼の子供だが、60才を超えてから生まれた子供はカツアバの子供だ』という言い伝えがあるほど知名度の高い植物です。

 

またカツアバの効果を称賛する歌も数多く存在しています。

 

 

カツアバ(カツアーバ)の成分

 

カツアバ(カツアーバ)には以下の成分が含まれています。

 

カツアビンA・B・C(アルカロイド)、タンニン、芳香性オイル類、脂肪性レジン類、フィトステロール(植物ステロール)、シクロリグナン、セキテルペン、フラボノイド、ステロール、非麻薬性コカイン、エッセンシャルオイル

 

カツアバ(カツアーバ)の葉や枝、樹皮にこれら成分が含まれています。

 

 

カツアバ(カツアーバ)の効果効能

 

カツアバ(カツアーバ)で中心となる効果は、

 

中枢神経を刺激する

 

この1点です。これらが以下の効果・効能を発揮します。

 

  • 性ホルモンの活性化
  • 精力増強(勃起力向上)
  • 性衝動の増加
  • 血流改善
  • リラックス効果
  • 記憶力アップ(記憶障害の改善、ボケ予防)
  • 滋養強壮・疲労回復
  • 不眠症改善

 

上記の中で特に、精力増強と性衝動の増加が注目されており、ブラジルだけでなく多くの国で、精力剤、媚薬、興奮剤として利用されていますが、効果として淫靡な夢を見てから性欲が増加するという順序を経て実感されます。

 

中枢神経はカラダの働きを決めるところですので、カツアバ(カツアーバ)を飲むことで、カラダの一部に直接作用するような成分では見られない、カラダ全体の性機能アップを期待することができます。

 

媚薬としての効果は女性にも有効で、南米では女性向けの媚薬としても利用されています。

 

またマウスを用いた動物実験という前提条件が付きますが、大腸菌やブドウ球菌などに対する抗ウィルス、抗バクテリア作用があることも分かっています。

 

さらに一部の成分には抗HIV(抗エイズウィルス)に対する活性(エイズウィルスが細胞に浸透しないようにする機能)を持っているものもあるようですが、ヒトに対しての臨床試験はこれからのようです。

 

 

カツアバ(カツアーバ)の副作用

 

カツアバ(カツアーバ)は世界各地で利用されていますが、目立った副作用は発生していません。逆にエッチな夢を見るとか、性欲が増すというのが副作用だという人もいるくらいです。

 

冒頭でも述べましたが、コカノキ科に属しますがカツアバ(カツアーバ)に麻薬のような効果はありません。中毒症、依存症になるようなことはありませn。

 

何しろ日本製のサプリメントに配合されている時点でその安全性は保証されていることになるんですね。

 

 

カツアバ(カツアーバ)の摂取方法

 

カツアバは樹皮や粉末で購入できますが、お茶にして飲むのが一般的です。ブラジルではカツアバ(カツアーバ)は入ったお酒が何種類か販売されています。

 

 

カツアバ(カツアーバ)のサプリメント

 

カツアバ(カツアーバ)を含むおすすめのサプリメントは2つあります。

 

 

レッドドラゴン

レッドドラゴン

メイン成分にランペップ、マカ、亜鉛を配合し、サブメイン成分としてカツアバ(カツアーバ)、紅参、ヒハツを配合しています。

 

各成分ともしっかりと配合しているため、効果が期待できるサプリメントです。

 

90日間の返金保証を付けるほど自信を持っているサプリメントです。

 

>>レッドドラゴンの詳細はこちら

 

 

Going+

Going+

トンカットアリ、南米由来のマカ、カツアバ(カツアーバ)、ムイラプアマをメイン成分に高麗人参、L-シトルリン、マカを配合しています。

 

楽天ランキングで11週連続1位を獲得したほどの人気があるサプリメントです。

 

30日間の返金保証がついています。

 

>>Going+の詳細はこちら

 

 

カツアバ(カツアーバ)の効果・効能まとめ

 

カツアバ(カツアーバ)の効果・効能については、古くからその媚薬効果が知られ、中枢神経を刺激することで精力をバックアップする働きが世界で注目されています。

 

日本の精力剤ではレッドドラゴンやGoing+のように、メイン成分、準メイン成分として登場することもあるため、それだけその効果への期待値が大きいということがわかります。

 

セックスをする際に今ひとつ気分が乗らない日が続くようでしたらカツアバ(カツアーバ)入りの精力剤を飲んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

成分一覧へ戻る

 

本当に効果のある精力剤を見分ける3つのポイント TOPページへ