マキシリンの効果と口コミ

MENU

マキシリンの効果と口コミ〜シトルリンと増大成分の大量配合サプリ

 

マキシリン

マキシリンの効果と口コミについてこちらで分かりやすく解説していきます。

 

  • チンコの大きさに自信がなく、女性との一線がなかなか超えられない。
  • ペニスが小さすぎて彼女を気持ちよくさせることができていない。
  • 自分のペニスがもう少し大きかったらと思うときがある。
  • スーパー銭湯や温泉、大浴場に行ったときに陰茎をタオルで隠してしまう。

 

マキシリンはこういったペニスのサイズに関する悩みにこたえるサプリメントととして登場しました。

 

限界突破!強くデカい男に!!の触れ込みで登場したマキシリンですが、一体どれくらいデカい男になれるのか気になるところですよね。

 

マキシリンについてよく知らない方は他のサプリメントとの比較も交えながら説明していきますので、必ず最後まで読んでみてください。

 

 

マキシリンの特徴

 

マキシリンの特徴は以下の3点に集約されます。

 

  • シトルリン600mgを摂取可能
  • 配合成分が188種類以上
  • GMP、HACCP認証の工場で製造

 

シトルリン600mgを摂取可能

 

シトルリンは血管を拡張し血流を改善する成分で、スイカに多く含まれます。

 

勃起力低下はペニスの抹消の毛細血管が脂肪やコレステロールで目詰まりを起こすのが一因です。

 

シトルリンを体内に増やすことによって、ペニスの末梢の血管がきれいになり、血液が末端まで届くことによって、勃起力が向上します。

 

マキシリンはシトルリンを3粒で600mg摂取できます。

 

配合成分が188種類以上

 

マキシリンには188種類の活力成分が配合されています。

 

オットセイ、すっぽん、赤マムシをはじめとした動物系が20種類以上、クラチャイダム、高麗人参、マカ、アカガウクルアなど植物系が80種以上、ミネラル、ビタミン、アミノ酸などが30種類以上です。

 

シトルリンだけでは血流が良くなるだけですので、これら大量の活力成分を配合することによってペニス全体に栄養を送り込み、ペニス増大のきっかけを作ります。

 

GMP、HACCPの工場で製造

 

マキシリンはGMP、HACCPの基準をクリアしている工場で製造されており、安全性が高く安心して飲むことができます。

 

GMPとは


GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、適正製造規範と訳されています。原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのことです。医薬品では、かなり以前から製薬メーカーに義務として課せられており(通常、日本で「GMP」といえば医薬品を指しますが、化粧品や食品添加物でも業界の自主的な取り組みがすでに始まっています)、最近では中国や韓国といった近隣のアジア諸国において、サプリメントもGMPが法律で義務付けされるようになりました。
 

日本健康食品規格教会HP(http://www.jihfs.jp/gmpn01.html)より抜粋

 

HACCPとは


HACCPとは食品の中に潜む危害(生物的、化学的あるいは物理的)要因(ハザード)を科学的に分析し、それが除去(あるいは安全な範囲まで低減)できる工程を常時管理し記録する方法である。
 

Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/HACCP)より抜粋

 

 

マキシリンの効果について

 

マキシリンに期待できる効果は、

 

  • 精力増強
  • 勃起力強化
  • ペニス増大

 

の3つです。

 

シトルリンの摂取可能量とコスパについて

 

マキシリンのシトルリン摂取量について少し詳しく解説していきます。

 

シトルリン600mgは多いの?

 

マキシリンは3粒飲むとシトルリンを600mg摂取できるとアピールしていますが、シトルリンを1日当たり600mg以上摂取できるサプリメントは多く存在します。

 

シトルリンDX、シトルリン革命王、ヴォルスタービヨンドなどがその代表です。

 

シトルリン3粒のコスパ

 

またマキシリンは1箱(1ヶ月分相当)が30カプセル入りのため、本来であれば1日1粒飲む前提で作られているのですね。

 

つまり1日当たり摂取できるシトルリン量は200mg。もしマキシリンでシトルリンを600mg摂取したいのであれば、3箱32,500円を毎月使わないといけないわけです。

 

シトルリンの摂取可能量とコスパのまとめ

 

シトルリンの摂取量だけに焦点を当てると、マキシリンはコスパが高くて他のシトルリンを多く含んでいるサプリメントと比べて期待できる効果を得られない可能性があります。

 

188成分の効果について

 

188成分に期待できる効果ですが、これは1日当たりの摂取量が多くて初めて効果を発揮するもののはずです。

 

しかしマキシリンの1粒(1日分)あたりの摂取量は495mg。これにはシトルリンの200mgが含まれていますので、実質295mgを188成分で分けることになります。

 

先ほどシトルリンで挙げた4つのサプリメントと合わせて比較してみます。

 

 

1日当たり

シトルリン量

1日当たり

全体量

1か月あたり

価格

マキシリン

200mg

495mg

12,000円

シトルリンDX

900mg

1,400mg

9,800円

シトルリン革命王

1,025mg

2,250mg

9,800円

ヴォルスタービヨンド

801mg

1,335mg

12,800円

 

こうしてほかの商品と比較してみると、マキシリンを買うよりも他のサプリメントを買うほうが効果が出そうな気がしませんか?

 

 

マキシリンの飲み方

 

マキシリンはサプリメントですので、飲み方の指定はありません。

 

先ほど述べたように1箱1ヶ月分と想定して販売され、1箱には30カプセルが入っていますので1日1粒飲めばいいのですが、より高い効果を求める場合には就寝前に飲むのがベストです。

 

これは睡眠中に成長ホルモンが最も多く分泌されてカラダのメンテナンスが行われるためで、勃起力のメンテナスも併せて行われています。

 

 

マキシリンの副作用

 

マキシリンはサプリメントでかつ日本の工場で製造されているため、副作用の可能性は限りなくゼロに近いと考えて問題ありません。

 

もし食品アレルギーをお持ちの方がいるようでしたら、188成分を1つ1つチェックしてみたほうが良いでしょう。

 

 

マキシリンの口コミ

 

マキシリンを飲んでもらったモニターさんからの感想を口コミとして掲載します。

 

 

3箱定期コースを選びました。1ヶ月目は途中から朝立ちがちょこちょこ起きるようになったのですが、普段エッチするときの勃起力はあまり変化は見られませんでした。朝立ちが発生した時点でこれはいけると思ったので我慢して継続して飲み続けたところ、5か月目でフル勃起するようになりました。


 

マキシリンを毎日1カプセルを飲み続けて1ヶ月経ちましたが何も起きません(泣)


 

チンコの大きさがここまで変わるのかっていうくらい大きくなりました。ある意味、マキシリンは増大サプリの革命児ですね。


 

すぐに効果がらわれるのかと思っていましたがそうでもないんですね。勃起力は徐々にですが戻ってきています。


 

まず最初に変化がったのが朝立ちの頻度です。今まであまりなかったのが、マキシリンを飲み始めてから頻繁に起こるようになり、目覚めもよくなりました。そのあと、徐々にペニスの太さが存在感を増し、今では親指と人差し指でギリギリ輪っかを作れるくらい太くなりましたよ。


 

 

マキシリンの販売店

 

マキシリンは薬局・ドラッグストアのようなリアル店舗では販売されておらず、ネット通販専門で販売されています。

 

ネット通販ではアマゾンや楽天で時々販売されていますがこれらの商品は転売品であり、正規品を購入したいのであれば、公式サイトから購入する方法しかありません。

 

またアマゾンや楽天の販売価格は公式価格より高めなので、結局のところ公式サイトで購入するのが一番おすすめとなります。

 

 

マキシリンの価格など

 

マキシリンは定価12,000円ですが、定期コースを用意しています。

 

毎月1箱お届けコースでは低下のままですが、2箱お届けで23,000円、3箱お届けで32,500円となっています。

 

  • 毎月2箱お届け:23,000円 単価11,500円
  •  

  • 毎月3箱お届け:32,500円 単価10,833円

 

毎月3箱お届けコースですとシトルリンを1日当たり600mg摂取できますし、単価も1,000円以上値引きされますのでお得になります。

 

マキシリンには返金保証などのサービスはついていませんので、まずは3か月間じっくり飲んでみてはいかがでしょうか?

 

 

マキシリン

 

 

 

 

 

精力剤一覧へ戻る

 

本当に効果のある精力剤を見分ける3つのポイント TOPページへ