マムシの効果と副作用

MENU

マムシの効果|マムシドリンクの効果・飲み方もあわせてお知らせ

 

マムシの効果について触れていきますが、マムシといえばマムシドリンク。ここぞの一番に臨む前に飲んでみたいと考えたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

マムシドリンクについては後半で書いていきます。

 

 

マムシとは

 

マムシは正式名称を「ニホンマムシ」といい、ヘビ科に属する蛇の仲間です。

 

マムシは沖縄を除く日本全国に生息しており、特に湿地帯に好んで住んでいます。精力ドリンクでよく聞く「赤マムシ」は伊豆大島に多く生息しています。

 

体長45〜60センチメートルとそれほど長くはありません。

 

マムシから作られる漢方薬には2つあり、反鼻と蛇胆があります。

 

反鼻はマムシの皮と内臓をはぎとり乾燥させたもので、蛇胆はマムシの胆のうを乾燥させたものです。どちらも滋養強壮効果がありますが、反鼻よりも蛇胆のほうが滋養強壮効果が高いです。

 

マムシは民間療法では、捕獲直後のマムシの生き血や生き肝、生きたままつけ込んだマムシ酒、もしくは燻製などが使われます。

 

 

マムシに含まれる成分

 

アミノ酸20種(タウリン、メチオニン、チロシン、グルタミン酸など)、リノール酸、カルシウム、ミネラル、ペプチド、タウロコール酸、ビタミン、銅、鉄、リン。

 

ここから主なものを4つほど紹介します。

 

 

タウロコール酸

 

疲労回復に役立つタウリンのもととなる栄養素で、血糖値を低下させたり、血圧の低下、熱を下げたりする効果もあります。

 

 

リノール酸

 

コレステロールを減らし動脈硬化を防ぐ一方で、過剰に摂取すると生活習慣病を引き起こしやすくなります。

 

 

ペプチド

 

血流をよくし、血圧を下げ、心臓の動きを正常化します。

 

 

カルシウム

 

歯や骨を丈夫にするだけでなく、鎮静作用や、筋肉の収縮や心臓の鼓動をスムーズにする働きがあります。

 

 

マムシの効果

 

マムシを服用することによりどんな効果が期待できるのでしょうか?

 

強心作用

 

マムシを飲むことで心拍数を高め、全身に多くの血液を巡らせることができます。

 

マムシに効果があることが客観的に証明された実験として、マムシを飲む前のマウスと飲んだ後のマウスを60℃に熱したホットプレート上に置き、頭上につるされた50cmのロープをどのくらいのスピードで駆け上るのかを計測したところ、マムシを飲んだ後のマウスのほうが駆け上がる時間が短かった(飲む前15秒、飲んだ後11秒)という結果が出ました。

 

ここからマムシには即効性があるということがわかるのですが、それはマムシが持つ強心作用に由来します。強心作用というのは心臓を収縮させる効果が一般的なのですが、心臓を収縮させると血圧が上昇してしまいます。しかしマムシの場合は心拍数を上げる効果があるにもかかわらず血圧が上がらないため、カラダに負担をかけずに血流量を増やすことができるのですね。

 

 

滋養強壮効果(血流改善効果)

 

別の実験ではマムシを飲むことで血流量を20%も増加させた記録もあります。血流量が20%も増加すれば、体内に取り込まれた栄養成分も多くめぐるようになり、滋養強壮効果につながるというわけです。

 

実際、マムシは漢方薬として数千年前から重宝されており、滋養強壮薬として、血行不良、胃腸虚弱、虚弱体質などに効果を発揮していました。

 

 

勃起力強化

 

血流量が増加し末梢の血管の血流が多くなれば、自然と勃起力も強化されます。

 

 

ストレスへの耐性

 

こちらもマウスへの実験で検証済みの効果で、マムシを飲ませたマウスとマムシを飲ませなかったマウスを双方、胸まで水に長時間つけて、できた潰瘍の大きさを測ったところ、マムシを飲ませたマウスの胃潰瘍がマムシを飲ませなかったマウスの胃潰瘍より明らかに小さかったということが判明しています。

 

 

胃腸障害の予防・改善効果

マムシは突発的・慢性的な胃潰瘍・十二指腸潰瘍の予防・治療にも効果を発揮します。また食欲不振や胃酸過多にも効果を発揮します。

 

 

肝機能強化

マムシの肝臓にはタウリンが多く含まれており、肝機能を強化し、疲労やストレスを解消させてくれます。

 

 

免疫力強化

マムシを飲むことによって、体内に入り込んできたバイ菌やウィルスを短時間で減少させる効果があります。

 

 

マムシの副作用

めだった副作用はないようですが、人によっては軽い下痢や皮膚に起こる発疹が起きる場合があります。

 

 

赤マムシドリンクについて

 

赤マムシといえば、日興薬品工業さんの漢薬赤まむしドリンクが有名ですが、アマゾンで1本100mlが50本1ケースで2,500〜2,700円。1本50円程度で飲むことができます。

 

赤マムシドリンクの効果

 

精力ドリンクは勃起薬ではないので、毎日継続的に飲み続けることにより徐々に体調が改善されていき、勃起力も強くなっていきます。

 

 

赤マムシドリンクの飲み方

 

赤マムシドリンクに即効性を求めるなら疲労回復・滋養強壮の効果になりますが、行為に及ぶ30分程度前に飲むのが良いでしょう。

 

 

 

成分一覧へ戻る

 

本当に効果のある精力剤を見分ける3つのポイント TOPページへ