精力剤 コンビニ

MENU

コンビニで買える精力剤13選|あなたは何に期待する?

 

コンビニで精力剤を購入しようとする場合、精力剤の勢力図(!)を知っておくと、購入するのに迷いがなくなります。

 

 

コンビニの精力剤は4つに分けられる!

 

コンビニのドリンクで精力をつけようとする場合、選ぶドリンクは4つに分類することができます。

 

勢力図

 

 

疲労回復系のドリンク

疲労回復系

他の3分野が清涼飲料水と区分される一方で、コンビニで販売されている疲労回復系ドリンクは医薬品(指定医薬部外品)として定められています。

 

 

ドラッグストアで販売されているものよりインパクトは弱いものの、それなりの効果・効能が見込めます。

 

 

疲労回復系のドリンクには、

  • ユンケル
  • ゼナ
  • リポビタンD
  • チオビタドリンク
  • リゲイン
  • アリナミンV

などがあります。

 

この中で、精力アップに一番貢献できるものは、ユンケルシリーズの中にあります。

 

ユンケルシリーズ

 

ユンケル

 

ユンケルには非常に多くの種類があるのですが、コンビニ向けに作られているものと薬局・ドラッグストア向けに作られているものと明確に分けられています。

 

 

コンビニ向けには、「ユンケルローヤルシリーズ」として11種類があり、そのいずれかが店頭に並んでいます。

 

 

ユンケルローヤルF

おすすめはユンケルローヤルFで、高級高麗人参である紅参をエキスにしたコウジンエキスをメイン成分としつつも、

 

 

ローヤルゼリー、タウリン、カフェインなどを配合しているため、心と体の両面からチャージすることができます。

 

 

参考価格:1,500円。

 

 

精力系のドリンク

精力系

マカ、トンカットアリ、すっぽん、マムシなど、精力増強に良いとされている成分を配合しているドリンクで、カラダを作るアミノ酸が豊富なことが特徴です。

 

 

そのため、急速に精力をアップさせるというよりも、内臓環境を改善することで徐々に体質を良い方向にもっていき、血管、血流が改善されることによって、最終的に勃起力アップも含めた精力アップを図ることができます。

 

 

コンビニにおいてある精力系のドリンクは、

  • マカの元気
  • 凄十パワー液

の2つのみです。

 

 

マカの元気

マカの元気

マカの元気は、ポッカサッポロフード&ビバレッジのドリンクで、マカエキス末200mgを筆頭に、ムイラプアマエキス末50mg、カカオエキス末50mg、ローヤルゼリー50mg、ヒハツエキス末20mg、カフェイン100mgを配合しています。

 

 

さらに亜鉛が10mg配合されているため、栄養機能食品(亜鉛)に指定されています。価格は200円程度です。

 

 

精力成分が入っているうえに、カフェインという興奮・覚醒作用のある成分も配合しているため、即効&遅効の効果が期待できます。

 

 

実は、このマカの元気には「マカの元気 鳳凰」という上位版があり、

 

 

マカの元気鳳凰

マカの元気に比べ、マカエキス末を 5倍、カカオエキス末を10倍、さらに秘伝の冬虫夏草エキス末を配合、とうたっているのですが、

 

 

価格が1,200円もしてしまうので、飲み続けるには物足りなさが残ります。

 

 

ちなみに、マカの元気 鳳凰は、なぜか明治がメーカーとなっています。

 

 

凄十パワー液

凄十パワー液

凄十パワー液は、宝仙堂が出す凄十シリーズの1つで、精・気・躰を考えた絶倫配合をもとに、「芯からみなぎる」「先までみなぎる」というキャッチフレーズで販売されています。

 

 

凄十パワー液は、凄十1dayパック配合の6成分(トナカイ・マカ+亜鉛酵母・海馬・すっぽんエキス・サソリ・ガラナ)に加え、

 

 

パワー液独自に7成分(コブラ・ローヤルゼリー・高麗人参・ヒアルロン酸・牡蠣・エゾコウギ・クコシ)を加えて作られた精力ドリンクです。植物性成分と動物性成分がバランスよく配合されています。

 

 

凄十1daypack

凄十1dayパックが460円でパワー液が1,000円ですので、成分を追加した分がそのまま価格に反映されていると考えてよいでしょう。

 

 

ヒアルロン酸が入っているのが意味不明ですが、薬局・ドラッグストア向けに販売されている凄十マックスエナジーがカフェインを入れている一方で、

 

 

パワー液は配合しておらず、精力アップ成分の割合が多くなっているため、凄十パワー液は勃起力アップ、凄十マックスエナジーは性欲アップに向いているドリンクということができるでしょう。

 

 

ただし、それぞれの成分の配合量が不明確なので、どれだけ有効成分が配合されているかは気になるところです。

 

 

エナジー系のドリンク

エナジー系

どうせジュース飲むならエナジーチャージも一緒にできるドリンクを選びます、というこだわり派が飲むドリンク。最近よく目にする人も多いのではないでしょうか?

 

 

コンビニにあるエナジー系のドリンクには、

  • レッドブル
  • モンスターエナジー

があります。

 

 

レッドブル

「レッドブルエナジードリンク」と「レッドブルシュガーフリー」があり、どちらも、カフェイン80mg、アルギニン120mgが配合されています。

 

そもそもレッドブルは海外で爆発的に売れたものを日本で発売したのですが、オリジナルのレッドブルには、合成タウリンという日本では医薬品にしか配合することのできない成分が配合されていたために、合成タウリンの代わりにアルギニンを配合することで発売にこぎつけた経緯があります。内容量250ml。

 

 

モンスターエナジー

モンスターエナジー

「モンスターエナジー」と「モンスターアブソリュートゼロ」、「モンスターウルトラ」があります。

 

高麗人参根エキス、クエン酸、L-アルギニン、カフェインが配合されています。こちらもレッドブル同様、アメリカ版があり、日本版が発売されたのですが、微妙に炭酸の量が少なくなっています。内容量355ml。

 

 

エナジー系ドリンクとしては、やはり主要配合成分量が明示されているレッドブルの人気が高いです。

 

 

ビタミン系のドリンク

ビタミン系

カラダに必要な三大栄養素の1つであるビタミンをメインに配合しているドリンクで、非常に多くの種類があります。

 

 

クエン酸も配合されているなど、疲労回復を効果的に実施するドリンクもあります。

 

  • オロナミンC
  • デカビタC
  • C1000
  • キレートレモン

などがあり、前二者は男性向け、後二者は女性向けに販売されていますが、後二者の方のビタミン量が多く、効果が見込めます。

 

 

オロナミンCドリンク

オロナミンC

「元気ハツラツ!オロナミンC」でおなじみのオロナミンCドリンクは、レモン11個分のビタミンCが入っているドリンクです。

 

ビタミンCを筆頭に、ビタミンB2、ビタミンB6などが配合されていますが、どのくらい入っているか明示されていません。

 

製造元が大塚製薬だけに、商品イメージだけでなく、配合成分の開示にも積極的になってくれるといいのですが。内容量120mg。

 

 

デカビタC

デカビタC

サントリーが販売しているデカビタCは、8種のビタミン+ローヤルゼリー配合で「デカビタチャージ」とのコピーで、100mlあたり、ビタミンC 95mgが配合されています。

 

配合しているビタミンの量を開示はしているのですが、ビタミンC以外のビタミンは全て1mg前後しか配合されていないのが気になります。

 

ローヤルゼリーの配合量も明示していないので効果を期待するのは難しいでしょうね。内容量210mg。

 

 

C1000 ビタミンレモン

c1000

ハウスのドリンクで、レモン果汁50個分のビタミンC1000mgを配合しているということがアピールポイントですが、それ以上何もないというのも特徴です。

 

内容量140ml。

 

 

キレートレモン

キレートレモン

ポッカサッポロフード&ビバレッジのドリンクです。ビタミンCを1,350mg、クエン酸を1,350mg配合しています。

 

ビタミンCとクエン酸には疲労回復効果があるうえ、クエン酸については更に血流改善効果があります。

 

 

ビタミン系ドリンクの結論として、ビタミンCの配合量がどのドリンクよりも多い上、クエン酸もしっかり配合されているため、キレートレモンが一番おすすめできるドリンクとなっています。内容量155ml。

 

 

ビタミン系飲料は、男性系が炭酸飲料でビタミンC少ない、女性系が無炭酸でビタミンCしっかりというのを見て、のどごし重視か、栄養素重視か、男女の視点は明らかに違いますよね。比較してお分かりのように、ビタミン系飲料でおすすめなのはキレートレモンです。

 

 

コンビニではどの精力剤を飲むのがオススメなの?

どれがより即効性を期待できる精力剤かというと、ユンケルローヤルシリーズになります。医薬品に指定され、疲労回復効果と催淫・覚醒効果を期待できるわけですから、若干他の精力剤ドリンクよりも値が張りますが、少しでも高い効果を得たいなら、ユンケルローヤルシリーズに挑戦してみてください。

 

 

コンビニの精力剤の効果は果たして?

とはいうものの、やはり、コンビニで購入できる精力剤の効果にも限度があります。薬局やドラッグストアが閉まっているけれども、性欲・スタミナをつけるものを探しているときには少しは足しになる、という程度です。

 

 

薬局やドラッグストアで購入すれば、コンビニのものより効果の高いものが売られていますし、さらに確実に勃起力をあげたいと考える人には、成分をしっかり配合した精力剤を長期的目線で購入することをおすすめします。

 

 

薬局で販売しているサプリメントタイプの精力剤はコチラ

 

 

当サイトでは、配合している栄養素を精査して厳選した精力剤をランキングで紹介しています。

 

 

精力剤ランキング2017年版|ネット通販で人気の精力剤ランキング

 

 

 

効果のある精力剤を見分ける3つのポイントはこちら