精力増強剤 効果

MENU

精力増強剤に期待できる効果って?

 

精力増強剤には非常に多くの種類が存在し、パッと見てもどれを選んだらよいかわからず、マカやすっぽんなど、「なんか効きそうだ」というイメージで購入している男性も多いのではないでしょうか?

 

精力増強剤といっても商品によって配合成分やその数、そして量が異なるので、期待できる効果も必然的に変わってきます。

 

こちらでは、まず精力増強剤というものに期待できる効果を列挙し、それぞれの効果に関係する成分と併せて解説していきます。

 

 

精力増強剤に期待できる効果

  • 男性ホルモン値の向上
  • 勃起力の向上
  • ペニス増大
  • 精子量の増加
  • 男性不妊の改善
  • ストレスの軽減
  • メタボの解消
  • 健康状態の向上
  • 早漏の改善

 

 

男性ホルモン値の向上

精力増強剤を飲むことによる根源的な効果として、男性ホルモン値の向上があげられます。

 

男性ホルモン値が向上することにより、本来男性としてもっている様々な機能が改善し、若々しさを取り戻すことができます。

 

また、男性ホルモン値の向上に伴い、性欲の向上も見込むことができます。

 

 

勃起力の向上

精力増強剤を飲むことにより男性ホルモン値が向上することは3つの効果をもたらします。

 

性的刺激をより強く勃起中枢に伝えやすくなる効果、精子が増産され射精欲求が強くなる効果、そして、基礎代謝が上がり、脂肪がつきにくくなることで血管にたまったコレステロールが減少し、血流が改善される効果、この3つです。

 

またシトルリン・アルギニンなど、血管を拡張し血流を改善する成分が配合されていると、直接的に勃起力が向上することになります。

 

 

ペニス増大

勃起力の向上がフル勃起にまで導けるようになってもシトルリン・アルギニン系の精力増強剤を飲み続けていると、フル勃起以上の血流がペニスに流入しようとして、ペニス増大をもたらします。

 

「ペニス増大」をうたうサプリが1ヶ月に5センチ10センチと大きくなるようなことを書いていますが、決してそういうことはありません。

 

ペニスの海綿体と表皮の成長に耐えられるスピードは、1ヶ月に1センチ程度が限度でしょう。

 

ペニス増大には120%のフル勃起が繰り返し起こることが必要ですので、相当な痛みが発生することを覚悟しておくことが必要です。

 

 

精子量の増加

精子は体内における男性ホルモンの量に比例して増減します。

 

男性ホルモンの分泌量が増加することによって、脳から精巣へ精子の増産指示を強く出すことができるようになり、その結果、大量の精子が生産されるようになるのです。

 

精子量の増加により射精欲求が高まると、勃起力がアップし硬度も増すばかりか、ペニスの感度も上昇して射精感が向上する効果も見込めます。

 

 

男性不妊の改善

そもそも男性不妊には様々な原因がありますが、精子数や精子運動率が原因の不妊であったり、うまく勃起できないことからの不妊であったりするときにも精力増強剤が役に立ちます。

 

特に、精子形成に役立つ、アルギニン、セレン、亜鉛を配合したサプリメントについては、アルギニンが勃起力の向上にも寄与するために、男性不妊のサプリメントとして重宝される傾向にあります。

 

 

ストレスの解消

勃起力が低下する原因の1つにストレスがあります。ストレスは自律神経のバランスを崩し、男性ホルモン分泌をつかさどる副交感神経の働きを弱めます。

 

その結果、男性ホルモンの分泌力を低下させ、勃起力を低下させてしまう効果があります。

 

ストレスを解消する成分、リラックス成分としてアルギニンをはじめ、GABAやD-リボースなどがあります。

 

 

メタボの解消

マカ、クラチャイダムに関していえば、多種類のアミノ酸を含有しています。

 

アミノ酸はカラダを作り上げる成分であり、筋肉を作り上げるサポートをするBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)を豊富に含有していることから、筋肉がつきやすくなると同時に脂肪も燃焼させることでメタボの解消にも役立ちます。

 

メタボの解消は当然、血管の健全化、血流のアップにも貢献し、勃起力が向上することになります。

 

 

健康状態の向上

精がつくとよく言ったものですが、精力増強剤は健康体になるためにも飲んでよいものです。

 

主にアミノ酸になりますが、カラダ全体を作り上げる栄養成分を効率よく摂取することによって、若々しい元気なカラダを取り戻すことができるのです。

 

 

(補足)早漏の改善

早漏の改善にあっては、飲むタイプの精力増強剤は存在せず、クリームタイプやスプレータイプで直接患部に塗布して感度を落とすものがあかひげ薬局で販売されています。

 

一方で30代40代の早漏はしっかりとした勃起力を伴わないで発生するものが一般的なため、感度を落とすよりも勃起力を高めることで射精のタイミングを遅らせることができるようになります。

 

若いころの早漏に関しては、自慰行為や性行為でペニスを摩擦する回数を重ねることで自然と神経が鈍感になっていき、早漏を解消することができます。

 

それまでは、射精する寸前にいったん挿入をやめる、コンドームを2重に重ねるなどする対策を取るのが一般的です。

 

 

まとめ

 

精力増強剤から得られる効果は概ねこれらになります。これらすべてを完璧にカバーできるものはありませんが、当サイトのおすすめランキングが1つの選ぶ参考になるはずです。

 

 

 

 

 

本当に効果のある精力剤を見分ける3つのポイント TOPページへ