逆行性射精

イク、イッたのに射精しない!逆行性射精の深刻度とは?

 

逆行性射精は男性不妊の原因の1つ

脳ではイっているものの射精に至らないという症状に悩んでいたら、それは逆行性射精という病気かもしれません。

 

 

最近は男性不妊が話題に上ることが多く、広く世間に認知されだしていますが、逆行性射精も妊活カップルに影響がある男性不妊症の1つの症状になります。

 

 

カラダに害は全くなく、子作りにのみ関係してくる症状ですので、あまり聞きなれない言葉かもしれません。

 

 

こちらでは逆行性射精について、具体的な症状、原因、治療法などについて解説していきます。

 

 

逆行性射精とは

逆行性射精とは、射精時に精液が膀胱に流れてしまう病気です。

 

 

通常射精時には、精液は尿道を通って射精されますが、尿がたまる膀胱へ入らないように、尿道につながる膀胱の出口に当たる膀胱頸部 / 内尿道口を絞めることによって、精液が膀胱に流れ込まないようになっています。

 

 

膀胱頸部を絞めるためには交感神経の力が必要ですが、交感神経がうまく働かなくなると膀胱頸部が締まらなくなって、精液が膀胱に流れ込むようになってしまうのです。

 

 

逆行性射精には、すべての精液が膀胱に流れ込んで精液が体外へ放出されない「完全逆行射精」と、一部は尿道を通って射精される「不完全逆行射精」に分けられます。

 

 

膀胱に流入した精液は排尿とともに流れ出るため、逆行性射精自体に体への悪影響の懸念はありません。

 

 

逆行性射精は実際に射精に至らなくてもオルガスムスを感じてしまう点から妊活をしているカップルにとってはその症状に気づかない可能性もありますが、妊娠に至ることはありません。

 

 

逆行性射精の原因

逆行性射精は、半数近くが原因不明で、その他の大部分を糖尿病が占め、残りには脊髄の損傷、特定の薬の副作用、外科手術の後遺症などがあります。

 

 

逆行性射精を発症しやすい人の特徴は、糖尿病、高血圧、脂質異常症、前立腺肥大症といった疾患を持った人たちです。

 

 

逆行性射精の治療方法

逆行性射精は、射精後に採取した尿に大量の精子が含まれていることを確認することで診断できます。

 

 

診断は不妊症で悩んでいるなら不妊専門のクリニック、その他の場合は泌尿器科で診察を受けることになります。

 

 

逆行性射精の治療には、薬を使って膀胱の出口にある弁を強制的に閉じる方法があります。逆行性射精の症状を持つ男性の30%がこの方法で治るそうです。

 

 

しかし、治療に使う薬のほとんどにおいて、心拍数を増やし、血圧を上昇させる副作用があるため、心臓病や高血圧の人は注意する必要があります。

 

 

逆行性射精が原因で男性不妊となっている場合には、精子自体に異常はないため、自然妊娠ができなくても人工授精などで妊娠できる可能性は非常に高いです。

 

 

 

本当に効果のある精力剤を見分ける3つのポイント TOPページへ